自分に対する信頼

最近、色々なことがあって、まぁその色々なことをなんとか乗り越えたというか、完璧ではないけどうまいことやったなと思っているから、おれはえらいなと。

やるべきことをちゃんとやっているし、間違ったらすぐ謝るし、何かしてもらったらお礼をするし、相手の気持ちを推し量って行動するし。なんかそんな当たり前のことかもしれないけど、ちゃんとやっている。茶番もできるし、すねないし、表面上は明るく接することができる。大人だからね。

僕は仕事でもプライベートでも、よっぽどのことが無い限り、ちゃんと人と誠実に付き合えるんだと実感している。だから、安心していいと思った。僕自身に対する信頼というか、自分だからまあちゃんとやるし大丈夫だろ、みたいな感覚。僕自身、前よりも客観的な視点で、自分を見ることができるようになったと思うし、だから自分は「常識」「好青年」「誠実」という範疇で「振る舞う」ことができるということが分かった。自分の気持ちを抑えることも、しかるべきところではっきりと言いたいことを言うこともできる。

当たり前のことを、当たり前にできる。一生懸命しようとする。人と向き合うことができる。間違いやアドバイスを素直に受け止めて改善することができる。まぁだから僕は大体大丈夫だ。だめだったら環境が悪い。

生きてこ