いろんな人の生き方を見るのがすき

これが僕がツイッターやブログを続けている一つの理由だと思う。人の生い立ちとか、今の仕事とか生活とかを知るのが好きだ。ほんとうに十人十色で、聞いてて飽きない。その人が何を思ってその生き方を選んで、そこにはどういうきっかけがあったのかとか、そういうのを知るのが好きだ。同じ事を繰り返し言っているけど、ほんとに好きだから繰り返し言う。

自分の人生に飽きているから人の人生に関心を持つのかもしれないな。たぶんそう。自分は堅実であまり面白みのない生き方だろうから。かといって、破天荒な人生を聞くのが面白いかといったら、必ずしもそうでもない。地味っぽい感じの人のを聞くのも面白い。こういうとなんか上から目線に聞こえるけど、決してそんなことはない。素直にそういうのもあるのか、という感じだ。

こんな性格だから、アニメとか漫画にあまり興味を持たないのかもしれない。こんなことを言ったら怒られそうだが、所詮創作なのでリアリティに欠ける。だから小説も基本読まないし、本で読むとしたら実用書や新書など。あとは美容室で雑誌のインタビュー記事とか。テレビ番組でもドキュメンタリー系とか、事実に基づいたものを見ることが多い。

テレビ番組の中でもよく見ているのが「ドキュメント24時間」「サラメシ」だ。他はテニスの試合とか。この二つは人やその生活に迫る番組だから、まさに僕の好きなタイプのやつで、永遠に見ていられる気がする。この3連休でサラメシは20本くらい見た。

どんな心持で仕事をしているのか、それにはどんなきっかけがあったのか、今後はどうしていきたいのか。そういうやりとりの内容を知ること自体が興味深いのはもちろん、時たま垣間見えるその人の人となりがいい。それこそがいいといっても過言ではないかもしれない。

結局僕は人が好きなんだとは思う。でも直接コミュニケーションを取るよりかは、外から眺めているほうがちょうどいいのかもしれない。それには自分の体力と気力の問題もある。そしてがっつり人と係ることをそれほど要していない性格もあるのだろう。昔から僕は大人数の集まりでは会話に参加するほうではなく、輪の中にいて笑っているほうだった。それで十分楽しいからそれでいい。