だるい

はっきりいって筆記試験は山を越えたので、だれている。疲れた。やる気にならない。勉強したところで伸びしろは知れてるし。いままで9-5時で働きながら一日4時間くらいは勉強してたの、結構自分的には無理したなと思う。大学受験と同じくらいやった気がするな。そう考えると大学受験、そんなやってなかったのかもな。とか考える。

というわけでまたつらつらと戯言を書いていく日々が続くのかもしれない。まあ一つ書くのに30分もかからないし、いい気晴らしだと思う。書き続けることで書くことがこんなにも楽になるとは思わなかった。書くことで気持ちも楽になるし、そういう意味でもよいなと思う。

今日は仕事でのミスが発覚してやべーってなって少し落ち込んだ。帰り道、落ち込みそうだなーと思ったからうまいものでも食うかってことで、からやまにいってからあげ定食を食べた。うまいな。からあげのプロのからあげはうまい。もちは餅屋、からあげはからあげ屋。

さらに自分を甘やかして、コンビニでソフトクリームを買って帰った。最近、コンビニアイスがやけに凝っていて、おいしいんだけど、そういう凝っているのは好んで食べないなと思った。僕が買うのは、チョコモナカジャンボとか、あずきバーとか、パピコとか、素朴めのアイスだ。今日買ったソフトクリームも、108円のあっさりしたやつ。濃厚なやつとか、一年に一回でいいかなと思う。

そんなことを思わなかったりしながら、パソコンに向き合っていたらミスのことはどうでも良くなってしまった。

最近なんかものの見え方みたいなのが変わってきた気がする。今日、大盛りスパゲッティを食べようとしている人を見て、あ、なんか食べるのって全然きれいな行為ではないなと直感的に思った。酒も飲みたくないし。今日もからあげを食っているとき、がっついて、うまい!と思いながらもどこか冷静だったような。という妄想なのかもしれないけど。

なんかいろいろなものを捨てていきたいとか、脱ぎ去りたいとか、そういう欲があるからそう思うようになってるのだろう。自己顕示欲は捨てられそうだ。酒はもういい。必要以上の食欲もこんな感じならそのうち要らなくなるかもしれない。でも、人並みの恋愛をしたいという欲望と、性欲だけは捨てられそうにないなあと思う、いまのところは。

自己顕示欲はもういいとかいいつつも、恋愛したいとかセックスしたいっていう欲は、まさにその自己顕示欲の隠れみのになっているのだとは思う。僕はそういう自分の気持ちを作り込むことをしたりするからな。そういう癖の結果なのかもしれない。そうそう、そんなことを考えていたら、自分の気持ちなんて本当はないんじゃないかとか、そもそも心情の変化とか全部うそっぽいなとか、そんなことも思ったりした。

そんなことを、文章にすることで観察することができる、すなわち一歩引いてみることが出来る。すると少し心に余裕ができる。だから書かないより書いたほうがいいかもしれない。