昼 たらこパスタ大盛り
夜 豚キムチ



さっきYoutubeでニュース見てたら、アメリカの学園都市で若者ホームレスが増えているらしく、その風景を見てすごい危機感を感じた。好景気や再開発で家賃が上がり、元々いた人が住めなくなってホームレスになっているらしい。好景気とはいってもアメリカは日本以上に格差社会だから、所得の低い層まで雇用に結びついていないのだろうな。しかも大卒で仕事見つからなくてホームレスとかも普通にあるらしい。アメリカでも底辺から這い上がろうと思ったらやっぱ王道はいい大学にいくことらしいが、卒業しても仕事見つからない→家賃高い→学費・奨学金も払えない→借金→ホームレス というように、底辺脱出しようとしてさらに窮地に追い込まれるみたいな最悪のパターンもあるとのこと(なぜ実家に帰らない?帰れない理由があるのか?というのはあるが)。普通に能力のある人でも仕事見つからないのが不況なんだなあ再認識した。そういえば僕らの就職活動も第二氷河期だったし。優秀な先輩や同期が泣きを見ていたなあ。このニュースで見たアメリカは好景気なのにスラムってるし不況感やべえ、そんな印象だった。



メガバン、儲かってないからリストラしないとやばいという話も見た。3万人?僕らが就職活動してた時(2012年)はまだ銀行は(陰りは見えていたが)、人気だった。それが今はもう全然らしいと聞いた。そらそうだよな、マイナス金利なんかされたら。結局銀行はたくさん貸しまくって信用創造しまくって利子で儲けるみたいな構造だから、ただでさえ好景気の今は借りてくれるところも少ないだろうし、さらにどんどん貸さないとマイナス金利で金は減ってくわけだからほんとうにやばい状況だなということが分かる。そして銀行員と言えば給料が高い巨大組織。まあそれは切らないとやってけないだろうなという感じはする。あと、動画でまた銀行同士の統合が進むみたいな流れを話していたけど、とりあえずくっついて時間稼ぎするっていう対症療法しかできないんだろうなという感じがする。

---

久しぶりにニュースを見たら危機感感じた。資本主義経済はいつまでも加速して走り続けないと、維持できないシステムになってるような気がする。いまも負の遺産を後世に撒き散らしながら走り続けている。みんな逃げ切りたいしみんな責任を負いたくなくてなすりつける。それがまあ仕方ないよねみたいなアレになっているなあとか思ったし、そういうことにほとんどの人が自覚的でないのではないかと思った。

なんとか僕も逃げ切りたいなあ。