何度も同じようなことを書いている気がする。ということは、すなわち何度も同じようなことをしている、ということのなのかもしれない。書いている途中で、前にもこんなこと書いたなと思うことがけっこうある。ただ以前と違うのは、解像度が上がってるということだ。前よりも細かく観察できている、前よりも深く理解できている、前よりも全体の中での位置付けを正確に把握している、というように。だから当然書くことも変わってくる。より的確に、端的に表現できる気がする。が、あくまでも前と比べてまし、という程度で、全く洗練はされていないのだけれど。

---

ブログを書き続けてたおかげで、文章を書くことに慣れた、というのはかなりあると思う。それを如実に体感したのはこーむいん試験の論文だ。こんなむちゃくちゃな文章を書きなぐって、格式ばった文章が上達するのかと思うけど、びっくりするくらいスラスラ書けるようになっていた。

好き勝手めちゃくちゃ文章を書きまくっていても、ここは明らかに筋が通ってないとか、このワードの使い方で意味にブレが出ているとか、後から見返して気付くことはたくさんあった。そうやって気付くことこそが、曲がりなりにも上達するステップだったのだろう。本番では論理を組み立てて、対応関係や一貫性を考えながら書くことができた(と思う)。これで落ちてたら笑える。おまんこ。

---

某インターネット有名人が、「ツイッターはでかい精神病院だ」みたいなことを言っていたけど、ほんとうにそうだなと思う。言葉にすることで自分の内面を客観視することができる。さらにそれをつぶやくことで周りからのフィードバックもある。まずはそうやって「気付く」ことが現状を変えていく為の第一歩だから、ツイッターやブログなどの発信ツールは、自己治癒的な意味で重要な役割を果たしているように思う。


---


---