誘うことが苦手



昔から友達なり異性なりを誘うのが苦手だなと思った、そういえば。人の気持ちなんてわからないし、察するのも大変だし面倒だ。

人を誘うとなると、気持ちを察し、誘ってもいいかどうかを判断しないといけない。この過程が僕にとっては結構苦しくて、なかなかできない。気を使いすぎたあげく、しどろもどろになってしまう。

それだったら誘われたのだけにいけばいいや、という考えになってしまった。相手の気持ちを察する必要もないし、嫌な人から誘われたらあいまいに断ればいい。そっちのほうが圧倒的に楽。

そもそも人に会いたいという強い気持ちをあまり感じたことがない。この人と話したい、飲みたい、というような。

それは僕にとって交友関係はオプションに過ぎないのだからだと思う。あれば楽しいけど別になくてもいい。多すぎてもあまりよろしくない感じ。

あればいいという程度のものなのだから、積極的に求めるというほどのものではない。僕にとっての自然な交遊の導入の形は誘われる、だなと思う。