日記 大阪2

DWSC768VoAAkPtO.jpg


朝 おいしいラーメン(道頓堀 神座) たこ焼き6個(道頓堀 大たこ)
昼 串かつ飲み放題バイキング(新今宮 大統領


昨夜はみつわ屋へ泊まる。一泊3500円。ゲストハウスでドミトリー型の寝るだけのとこだ。ただ、本当にサイト通りで清潔感があって安心して寝ることができた。外国人がほとんどで英語が飛び交ってたから緊張もしたけど。階段でちょっとこけたら、大丈夫か?みたいな意味の英語を話しかけられたけど、聞き取れなかったのでハローって返した。英語なー。日本語でもコミュ障なのに無理みが強い。

昼に会う予定だった人から体調不良でこれないと連絡があった。期待していたけど仕方ない。自分のことですらままならないことを考えると、人と予定を合わせて何かするというのはかなりすごいことだと思う。

まあそういうこともあるさと切り替え、@qamtpを誘ってho-ho-さん(@hohozakka)に行くことにした。もともと行こうと思っていた場所。僕がふくろう好きになったきっかけのメンフクロウがいるお店だ。

大正駅から歩いて5分くらい。道すがらはとてもいい天気だった。そういえば前来たときもこんな天気だったなと今思う。そして同じくちょうど昼下がりだったなあ。この辺は個人のお店もちょこちょこあって下町っぽさがあるけど、落ち着いていてなんかいい雰囲気。

ho-ho-さんへ。相変わらず店内は素敵な作家さんたちのセンスある商品で溢れていて、いい。いろいろ見ていると、店主さんがメンフクロウのほーちゃんを連れてきてくれた。最初は明らかに怖がってたけど、触れ合う中で最後はあたまをカキカキさせてくれた。あと、隙をみてあたまをめちゃくちゃにおった。ほんのり甘いにおいがした。可愛い。卓上カレンダーとPELLETマグカップを買った。

大正から新今宮へ。@qamtpから西成商店街と飛田新地を散歩しようと提案があって、それに乗ることにしたから。西成商店街は、自転車を飛ばすおっさんが多くてうかうか歩いてられない。普通に歩いているのに結構なスピードでつっこんできてチリンチリンと鳴らされる。そんなちょっとアレな人達がいる商店街には、やっぱりド大衆のお店が多くて、かなりディープな感じではあった。

パチンコ屋と見紛うほどの電飾をあしらったスーパー玉出を横目に商店街をズンズン進んでいくと、いきなり横道に飛田新地が現れる。Googleマップで見たように、めちゃくちゃ綺麗なお姉さんとおばさんがいて、お兄さん、と声を掛けられる。昼ですら危うく吸い寄せられてしまうような魅惑がある。夜になるともっときれいみ見えて、思わず入ってしまうらしい。

来た道を戻り、そのまま新世界へ。串かつを食う。「自分で揚げる!」の看板が目に飛び込んできた上記店に入った。一時間串と酒食べ飲み放題で2200円くらい。バイキング形式で自分で揚げる。



スーパー安くてスーパー満足。串かつのバリエーションが凄くて、定番の豚牛からバウムクーヘンまで。チョコレートフォンデュもあった。@qamtpが大量にヤングコーンとレンコンを取ってきたので、大量に食べた。二人でたぶん50本は食べたと思う。

食い終わったら@qamtpが「これから仕事に行ったほうがいいかもしれない」とか言い出した。さぼりまくってたけどやらないといけない仕事ができたらしい。本当は今日も仕事の予定だったけどさぼってたらしい。自由すぎる。

店を出て、動物園前まで歩いて解散。そのまままっすぐ鶴見まで帰った。新幹線を品川で降りて、京浜ですぐだ。やっぱり便利だな、ここは。