日記


昼 弁当
夜 チャーハン 緑のたぬき

炭水化物をめちゃくちゃ摂取してしまったけどいいか。仕方ない。ご飯が余っていたから。米がまだまだたくさんあるんだけど、早くなくならないかなと思う。今ある米は実家から送られてきたもので、自分では一度も買ってない。なんなら誰かもらってほしい。無くても生きていけるし、必要性をそこまで感じない。外食なんか炭水化物の宝庫だし。

不要なものは―まあものに限らず情報や人間関係などもひっくるめて―腐るほどあるわけだけど、結局そんなものに囲まれて生きてると、関わりをもってしまう。逆にない環境なら全く関わりがなくなってしまうから、なんだかんだで環境に左右されるんだと思う。例えばテレビなんて実家を出てから数えるほどしか見ていないし。買ってないから。温泉のサウナくらいだな。

一方、自分が必要と思っているもので、実はいらないものってあると思うし、でもそういうものほどやめられないのかもしれない。ツイッターやブログなんかがたぶんそうだと思う。間違いなくなければないで、寂しいながらも過ごすのだろう。寂しさから新たな人間関係が生まれるかもしれない、きっと行動を起こすだろうから。僕にとってはそっちのほうが多分よい。でも結局ネットはやめられないなあ。ぬるま湯につかりながら10年くらいそんなことを思ってる。