フォロワーと会うことについて

世間では、インターネットの人と会うのは危険だとか言われる。僕もある意味ではそう思うし、初めて会う人とはやっぱり緊張する。警戒も人によってはしている。

が、怖い目にあったことは一度も無い。なぜか。ほとんどがツイッターの人で、会うまでにだいたい2年以上はやりとりしているから。人となりはいやでも分かる。もしかしたら、リアルの人よりも内面の情報は分かっているかもしれない。それくらいツイートには人の情報が多く含まれている。

その人のセンス、趣向、考え方、ニュアンスとか機微まで、「見た目以外のほぼ全ての情報」はツイートからリアルタイムに読み取れる。だから、会うことは僕にとっては答え合わせみたいなものだ。

***

「もめんちゃーん」

待ち合わせ場所でそう言われながらドンって肩を叩かれた。笑いながら。
僕も笑いながら相手の名前を呼んでしまった。
新たな情報は外見と声だけだ。

そこからはまるで昔からの友達のように一緒に飲んで、
共通の友達(フォロワー)の話をして、
悩みを聞いて、お互い頑張ろうねっていって別れた。