エネルギーを散らさない

ツイッターで最近気をつけていることがある。極力リツイートをしないこと。リツイートをすると、その話題に吸い寄せられてしまうような感じがする。別にリツイート自体は、だれがやっても大して変わらない。関心があるのはその内容であって、だれがやったかはあまり意味がない。だからリツイート自体あまり意味の無い行為なのではないかという気がして。リツイートで回ってきたものを見るだけで十分だし。そもそも弱小アカウントなのだから、リツイートするのとしないのとで、何かが変わるわけでもない。

リツイート自体がなんか姑息な行為であるような気もしてきた。特にバズってるやつをリツイートする時の気持ちを考えたら。なんかすごい核心をついたツイートが回ってきた、これはすごい、とりあえずリツイートしよう。そんな感じでバズってるツイートの価値にただ乗りしているような気がする。それでなんとなく勢いづいて自分の意見をちょっと言ったりするけど、そんなものには誰も見向きはしなくて。

ツイッターは刺激が多いので飛びつきたくはなる。でも飛びついたところで、つかの間の興奮と、見せかけの優越しか感じない。そんな感情の動きの後にのこるのは疲労と後味の悪さ。スナック菓子を食べ過ぎたときのような。

結局僕の今までの使い方だと、ツイッターはエネルギーを散らし、孤独感を解消する効果しか生まない。体力気力の浪費と引き換えに孤独感を和らげているような。インターネット依存症の典型。ちょっとずつ使い方を変えていきたい。