2017年の振り返り

2017年の振り返り

1月 仕事 勉強
2月 仕事 勉強
3月 仕事(40h残業で忙殺)
4月 仕事(40h残業で忙殺) 物件探し 国1筆記 祖父葬式
5月 仕事 勉強再開 一人暮らし開始 特別区筆記 政令市筆記
6月 仕事 勉強 国2筆記 政令市面接
7月 仕事 勉強 政令市論文試験 市役所①筆記
8月 仕事 勉強 政令市面接(最終) 市役所①面接 市役所②面接
9月 仕事 勉強 市役所①面接 市役所②筆記 友人①結婚式 友人②婚約
10月 仕事 勉強 市役所①面接(最終) 市役所②面接
11月 仕事 勉強 市役所②面接(2次) 国家資格試験 日記書き始める
12月 仕事 勉強

振り返るのだるいな。こう見るとお役所試験は結構頑張った。でも報われなかった。他の受験者に比べて足りない部分があったんだろうな。面接・論文をちゃんとやろう。まぁ他にもいろいろ反省はしたんだけど、そうだね、(正規で)働くのが怖いとずっと思っているからだめだったんだろうなと、最近気づいた。結局前職のトラウマがしっかり残っていて、それが面接において自分の言動を縛ってしまったのだと思う。こればっかりは、もうどうしようか。怖気づかず、それでいて傲慢に見えないよう謙虚にいくしないんだろうな。そこにもっていく為に自分の中でどうトラウマと決着をつければいいのかはまだわかっていない。

インターネット活動は、ツイッターのオフだとたぶん4回くらいやった気がする。そのうち3回は継続的に会っている人で、残りの1回はずっと会いたいな~と思っててやっと会えた人。ここは良かったね。僕に会ってくれる人がいるというのはとても嬉しいことで、僕もその人達に会いたくてあってるのだから良いことだ。

一人暮らしを始めた。これはとても良いことだ。通勤時間が半分になり、自由に時間を使えるようになった。だからといって腐るのではなく、心が折れそうになりながらも自分を律してやっていくことができた。だからある程度は結果が出た。部屋もきれいにしているし、自炊もしている。洗濯物も溜め込んでいない。僕は生活がちゃんとできる。えらい。

友人が結婚していく。先輩も結婚していく。しっかりレールに乗っている人はそういう年なのだろう。みんなそれぞれ自分の人生を生きていっているな~という感じがした。ちょっと悲しいよね。みんなが離れていくような気がして。そろそろ見放されるんじゃないかとか思ってしまう。でもその時はその時で。人間関係なんて、そんなものだと思う。たまたまタイミングが合った時に交わって、ペースが合わなくなったら離れて。みんなそれぞれ勝手に生きているのだから仕方ない。

変化があったのはこのくらいか。異性関係は相変わらず進展がないし(ちょっと頑張って3人くらいと会ったりしたんだけどだめだった)、今はこんなことできるタイミングじゃないなとも思った。そろそろ27歳いない歴=年齢の素人童貞になります。祝って下さい。クリスマスに彼女ください。

そういえば風俗には一回しか行ってないな。川崎堀之内という大ソープ街に15分足らずでいけるにも関わらず。これは単純金に余裕がないからいってない。今の収入で一人暮らしは金に余裕はない。まぁでも行かなかったら行かなかったで別になんともないし、という感じ。あくまで娯楽でしかないな。正しい解釈。

あとそうだ、毎日日記を書くようになった。11月からかな。最初は書きたいなと思って書いてたんだけど、今は何も感じずに書いていて、習慣になりつつある。仕事以外は基本誰とも会っていないので、けっこう孤独だからか、毎日を生きている証を残したいのかもしれないな。書いていないと、「あ、かかないと」と思うし。

あ、思い出した。為替をめっちゃやっていたな。それで最近やめた。これについては、勉強に集中するためと、やっぱりこういう金の稼ぎ方は水物でしかないと思ったということがある。もう投資は株の優待と配当だけでいいやという感じになった。ガチで分析して投資するのは精神削られるし、たぶん本気でやっても金を溶かすときは溶かすし、そういう意味で僕にとってはコスパが悪い。だからもうやめた。少なくとも精神に余裕がでるまではやらない。

他には、退廃的で、それでいて自由な人達に惹かれていたなと思う。ツイッターにはそういう人達がいたりして、僕は役所の面接が続いてストレスがかかるたびに、そういう人のつぶやきとか文章を見て安心していた。今考えると、その人達が魅力的というよりは、自分が安心したいがために、そういう人達を好んでみていたのだと思う。やっぱり僕は僕の人生を生きないといけないし、僕の人生は「いま」「ここ」にしかない。憧れは自分の人生からの逃避したい気持ちから生じることもあるのかなと、今考えて思う。

今年は結局はっきりした結果を何も残せなかった。プロセスとしては色々とあったのだけれど。やっぱり結果がでないとやったーという感じにはならないな。来年はこう思わないように、今からやることをやっていこう。心を体を鍛えて、健康を保つこと。まずはこれができないと、物事にちゃんと取り組めないし。

来年は、非正規を卒業して身分回復することがまず第一。もちろん役人になる形で。とりあえず今の僕にはその道が最善に見える。もし入庁してからちげえってなっても、まぁ身分と金は上がるんだから、何も悪いことはない。また道を変えるなら働きながら考えて準備すればよい。そういう意味でもとりあえず受かるということが先決で。やっていこう。