怒りってバグの出力

なのではないかと思っている。というか、誰かがそういっていたのを聞いて、それに改めて気づいたのかもしれない。たぶんそうだ。ただ、実感をもって理解することが出来たとおもうのでいいと思う。

図式としてはこうだ。怒りの感情がある→怒る、ではない。何かしらの事象→感情が処理できなくてバグったような感じになる→怒りの感情が起こる→怒るというようなもの。さらにいうと、不意を突かれるとバグ増幅。

感情が処理できなくてバグる、という部分を紐解いてみると、たぶんそこには悲しみとか寂しさがあると思う。それも自己本位の。自分が下に見られた、今までそんな風に思ってなかったのに悲しいとか、なんで理解してくれないの、寂しい、とか。そういう感情が怒りになるのかなと思った。

そういう自己本位の悲しみとか寂しさって、もろもろの感情の推移の中で一瞬しか姿を見せなくて、だからこそ気が付けず処理できない。なのでバグが発生して怒りが出力される。

その場で気づくことができれば、処理できる。処理できればバグらない。止まる。怒りが出てしまったとしても、後でよく振り返ってみれば、気づくことができる。そうしたら、次はもう少しまともに対処できる。