こ^無員試験をやっていくあれ

相変わらず仕事が暇で行政法の自炊PDFを読みまくってた。電車の中ではkohmuin試験の講義動画、仕事中は法律の勉強、家かえっても講義動画。働いているのにも関わらずほとんどの時間を勉強にあてられる。素晴らしい職場だ。仕事中半分は経済もやろうかな。

来年に向けて大まかな計画をそろそろ立てないととも思っている。どこを受けるか。来年は体力的・精神的に無理がないように日程を組もう。国Ⅱ合格、最低でも政令市。やっていく。

ネックは論作文と面接。論作文は実践と添削でなんとかなりそう。一番の問題は面接だ。自己PR、志望動機、このあたりで面接官を納得させられないから、厳しい質問が飛んでくる。既卒だからなおさら。自己PRでカッコいいこと言い過ぎて、自爆してた感じもある。もうちょい控えめにして自分の印象と合う内容にしたほうがいいかもしれない。その辺りは予備校の講師と相談する必要がある。そのへんの問題を潰す時間も勘案して余裕をもって実行できる計画を立てないといけないなと思う。

自戒をこめて何度でも書こうと思う。僕に勤め人で残された最良の道は役人。だめだったら前職よりも待遇の悪い企業で日々擦り切れながらやってかないといけない。役人になりたいんじゃなくて、なるしか道が残されていない。だからやっていくしかない。