仕事がひまだからとりとめのないことを書こう。勉強する気もしないし。昨日は職場の飲みだった。3杯のんだらもうかなり酔って話せなくなってしまった。酒にずいぶん弱くなったと思う。家でも全然飲まないしなあ。

酒はもういいな、という感じがしている。飽きたのかな、一連の流れに。酒飲んで、酔って、べらべら喋って、気持ち悪くなって、吐く。残るのはべらべら喋った時の罪悪感と吐き気。僕は酒飲むと人の悪口とか陰口を躊躇なく喋ってしまう。その時は一緒に飲んでいる人と秘密を共有して楽しいんだけど、後味のいいものではない。次の日に「あーこんなこといっちゃったなー」と後悔する。

これまでは、酒がないと本音を喋ることができないというのもあって、酒を正当化してきた部分もある。ただ今は、酒を飲まないと言えないことなら言わなくてもいいなと思う。本音を喋らないことで、人と仲良くなる機会を逃すということもあるが、まあ別に交友関係を広げたり深めたりしなくてもいいかなという感じになった。

酒も含めて、些末なものはもっと失ってもいいなと思う。嗜好品全般、趣味、主義主張、生き方、計画、プライド、そういう自分のアイデンティティを規定すると「自分が」思っている―それらはまるで海外旅行用のスーツケースについた剥がれかけたステッカーのような―ものを捨ててもいいなと思う。無ければないで生きていけるし、実際その方が楽な気がするし。

---

生きていくことは、死に向かって一つ一つ選択肢を捨てていく過程に思える。10代や20代前半は選択肢が多く、可能性に満ちあふれていた(満ちあふれているように見えた)。それが現実に相対して、自分の性格や資質を知り、自分の思い描いていた理想に調整が入る。よしこれで行こう、と調整の入った理想の実現に希望を抱き歩み始めると、また上記のプロセスを辿り理想に調整が入る。こうして現実と自分の理想は収斂していくと思っている。一般的な人については。

いずれ死ぬ、結局これが生命の現実なのだからまぁあれだ、やりたいこと・やるべきことをすべてやることは多分できない。となると、結局は色々あきらめないといけないだろう。あらゆるものは有限でおちんぽジョイナスだということが分かってくる。

こーむいんを目指すようになった経緯

面接シーズンに入るにあたって、嘘を塗り固める必要がある。その前に、しっかりほんとのことを確認しておかないといけない。そう思ったので書く。

僕はストレートでマーチの大学に入り、ストレートで卒業した。文系の13卒だ。就活は買い手市場。僕が目指していたメーカーなんか人気で大手は説明会すらとれないとこもあった。マーチなのにだ。

そんな中で僕は大手になんか行けるはずがないと思っていた。元々コミュ障だし、売り手市場の就活戦線勝ち抜ける気がしなかった。実際大手は全落ち。esが二社通って、一社面接に進んだ程度だ。ちなみに全部メーカー。

メーカーを志望していたのは、「まだマシだろう」という理由からだ。大体文系の四大卒で非エリート人材なんて、できる仕事は限られている。準大手以下の銀行信金、IT(se,pg)、飲食、不動産、メジャーなのだとそんなところか。そんなブラックな選択肢に割と絶望していた僕の一縷の望みがメーカーの法人営業だった。

ルート営業なので既存顧客と仲良くしながらたまに売り込んで買ってもらえればいいみたいな甘いイメージを抱いていた。そこになんとか潜り込もうとしていた。

大手メーカーに全落ちした僕はそこまで落胆していなかった。はなから受かると思っていなかったから。むしろ、ここからが勝負どころだと思っていた。四季報や新聞をめくり、有報などの投資家向け情報を漁りまくり、中小優良企業を探した。

そこで出会った会社が前職だ。売上は大手の1/3程だが、営業利益率が高く、売上も安定して微増しているインフラ系部品の法人営業だ。エリア限定で異動がないのも魅力的に見えた。工場見学もしてまったりした雰囲気だなと感じだ。面接は2回。スッと内定が出た。

安心して入社した。が、だ。ここからはかこの記事でも色々書いているように、三年経たずに辞めてしまった。

過去記事一
過去記事ニ
過去記事三

簡単に自分が仕事を無理になった原因を考えてみる。

①仕事内容自体合わなかった
②上についた人が部下潰しだった
③組織の歪みのど真ん中に置かれた
④仕事に対する認識が甘すぎた

こんなところだろうか。とにかく無理になった。会社に行くのが辛すぎた。電話を取るのが怖くなった。いつもストレスを感じていた。相対立する上司の間で板挟みになり、仕事が進まない。もう毎日パニック状態になっていた。何もできなかった。何にも自信を持てなくなった。過食で10キロ体重が増えた。朝はほぼ毎日下痢をしていた。退社時に吐き気を催した。営業会議の日に、もう辞めようと思い、電車を乗り過ごした。そこから会社にいくのをやめた。在席期間2年9ヶ月。

会社自体はブラックではないし、残業時間も月20位ですんでいた。ただ人間関係がこじれにこじれて無理になった。僕の置かれた人間関係がブラックだった。何もうまく行かない。何をしても怒られる。何もしない方が、僕なんかいない方が確実に会社のためだ。そう思ってしまうほどに僕はダメだった。

正直今でも整理がついてない部分がある。全部自分が悪かったのではないか?ほとんど会社の体制がクソだったのではないか?両極端に考えがブレることまである。

組織の中の胃痛ポジションに置かれて、仕事がしにくい環境だったのは間違いない。与えられた仕事のレベルが経験年数に比して高かったのも間違いない。自分が苦手なことが多い仕事内容だったのも間違いない。これらが意図された不利益取り扱いだったかは分からない。自分が甘かったのも間違いない。悪循環にハマってしまった。そこから抜け出すことができなかった。

辞めてしばらくして民間就活をするか、公務員試験をやるかという選択肢を迫られ、民間就活をしながら公務員試験をやろうというあれになった。営業は無理だ、絶対。そう思った僕は民間就活でも事務を中心に受けていった。

しかし、ジョブチェンジー職種変更での転職活動ーはきつい。しかも事務なんて人気職種はなおさら無理、簿記会計法律無資格なのに。中小メーカーの総務を受け、落とされて悟った。これはきついぞと。

そして公務員試験にシフト。だらだら受け続けて今に至る。

と、その前に今の仕事でヒジョウキン職員になったのだった。無職が耐えられなかったから。あと、ヒジョウキンでも事務やっとけば理屈通るしね。無職でいきなり公務員志望するよりは説得力ある。

僕は仕事を消去法でしか決めていない。なぜなら、ほんとうは仕事なんてしたくないからだ。ならなぜ無職を続けられなかったのか。それは世間体やプライドに耐えられなかったからだ。僕の友人は大体立派でエリート街道を進んでる人も多い。だからこそ、そういう友人に顔向けできない。それに耐えられなかった。

結局、辛い状況から逃げて逃げて今の選択をしている。僕はそういう情けない生き物なのだ。

そんなんじゃ、こーむいんになっても仕事を続けられないのでは?と思ったらそうでもなさそうなのだ。これは僕の現地観察から分かったことだ。こーむいんの仕事は職務分掌が明確で、均質化・簡易化されており、誰でもできるようになってる。だからなんとかやってけそうだと思っているのだ。

というクズっぷり。非合理で矛盾ありまくり。楽な方へ逃げてるだけ。それでいて社会的身分はほしい。都合の良すぎる人間だ。真面目系クズとはこのこと。

一人暮らしを一年やってみて

久しぶりに書く。最近はしけんに追い込まれてそれどころじゃない。ツイッターすらほとんどやっていない。そんな中で書いているのは集中力が切れたから。何か気分転換に書こうかと思っていたら、もうすぐ一人暮らしを始めてから一年経つことに気がついた。昨日保証会社にお金振り込んだし。なので書こう。

一人暮らしは、憧れではあった。親を離れて自由にやりたかった。いい加減自立したかった。実家が息苦しくなっていた。たぶんこれはある程度年を重ねたら自然に思うことなのだろうと思う。親や兄弟との関係が悪くなったわけではない。ただ、一回距離を置かないとなんかおかしくなりそうだった。

そんな感じで半ば衝動的に一人暮らしをはじめた。それから一年。なんら問題なくやれている。金の管理もできる。飯も作れる。掃除も洗濯もできる。僕は昔から自分のことは自分でしっかりできるタイプだった。長男で親は弟妹にかかりっきりだったからだろう。一人で不自由なくやっていける。一人は気楽で心地よい。

ただずっとこれはきついなあ。寂しいし空しい。完全に自分だけのために働いて、稼いで、生活して、消費するのが一人暮らしだ。それを実感する。今は目標があってそれに向かって生きているからいいけれど、何の目的も無くこんな生活をするのはどうなのだろう。だからといって、人と生活できるのかといったらそれはかなり微妙ではあるんのだけど。