意味不明なものに飛び込んでもがいて何かをつかむ力(多分僕に関してだけの話だし妄想)

(酔っている)

前々から思っていたことが、風呂の中で何となく言語化できて書きたくなったので書く。

(僕には)(おもに大卒以上の凡人とかそれ以下には)(僕はkzなので並立で語れないが)意味不明なものに意味も分からず飛び込んでみる胆力みたいなものがあまりないと思う。

前の会社は高卒、短大卒、高専卒が6~7割を占める老舗中小企業だった。役員の2割でさえ高専卒だった。

(時代的な要因もあるのかもしれないが)彼らには、自らの身を投げ打って、飛び込んでいく気概がある。そして、その中でひたすらもがき、何かをつかんで戻ってくる根性がある。

そういうものをとても感じた。

(大卒以上の、中途半端に知識があって頭のよい人は、)(自分の思い込みであるのかもしれないが)上記のような気概がないように思う。保守的で、リスクとリターンを慎重に天秤にかける。自分の身分や地位を大事に思ってしまうからだろうか。プレッシャーがあるからか。プライドがあって、人の目をきにするからか。

僕はもうそれなりにレールを外れてしまったので、そういうプレッシャーとかプライドとかは無くなってきた気がする。自分が本当に結構なダメ人間だということを実感しているし、この実感はレールを外れないと分からなかったと思う。学歴と順調なレールになんとなく守られてきて勘違いしたままだったと思う。

で、えっと、あれだ、言ってしまえば彼らには(積み上げてきたものが少ない状態で社会に出たので)背負うものがすくない、つまりプレッシャーやプライドがさほどないから、そういったがっつり踏み込んだ行動を割りと躊躇無くとれるのだと思う。

ということを何となく思った。

あと、そういう人達の特徴として、
・短期的な視点で生きている
・頭で考えるより、まずやってみる
・自分の属するコミュニティを大切にしているし、今後も根を張って生きていこうと思っている。
みたいな傾向があるのかもしれないと思った。

だからなんだという話なんだけれども、社会的適性に関しては、こういう人達のほうがあると思う。
どっちが上とかいうつもりは全くない。ただ、大卒は社会にでてつまずきやすい傾向にあるのかなぁと何となく思った。学問と日本の実社会は乖離しているから。

おちんぽジョイナス